京都銀行でゲーム?

「京都銀行でDS」というユニークな宣伝文句を使ったサービスがあります。DSとは「ニンテンドーDS」の略称で、ゲームで有名な任天堂が開発した携帯型ゲーム機のことです。このDSは、最先端の技術が取り入れられていてゲームをするだけでなく、音声を認識したり、通信機能で情報を読み込んだり、自分から情報を発信したりと様々なことができます。そのゲーム機と銀行の繋がりは全くイメージできませんが、京都銀行ではそのDSを使って京都銀行について知ってもらおうという取り組みを行っています。

DSをインターネットに繋ぐ設定にして、操作を進めていくと「京都銀行でDS」というサービス画面が現れます。そこには、京都銀行からのお知らせやお金と銀行の役割、お金にまつわるクイズやお金の悩み解決相談などお金に関する情報がたくさんあり、ゲーム感覚で楽しみながら知ることができます。また、京都案内のページもあるので移動時間や待ち時間などに見てみるのも楽しいかもしれません。

銀行というと堅苦しくて閉鎖的、難しいことをやっているというイメージが強く、子供はあまり関心を寄せない場所ですが子供に人気のゲーム機を通して知る機会があれば、お金に興味を持ったり銀行に行ってみたくなるようなきっかけにもなりますよね。京都銀行ではこれだけでなく、他にも京都銀行ならではのサービスがあります。それは「京銀宝くじサービス」です。宝くじはみずほ銀行のATMで購入できることは知られていますが、実は京都銀行のATMでも宝くじを購入することができます。

購入できる宝くじの種類はロト・ミニロト・ナンバーズで、購入代金は口座から引き落としされ、当選したら当選金も自動で口座に振り込まれるという便利な仕組みになっています。最寄りのATMで購入できるならわざわざ宝くじ売り場まで行く手間も省けますし、思い立ったときに購入することができるので運や自分なりのタイミングを逃さず、良い結果を残せるかもしれません。